介護問題について

過疎化がもたらす介護問題

  • トップ /
  • 過疎化がもたらす介護問題

LINEで送る

介護問題に潜むチャンス

昨今の高齢化社会によって様々な問題を抱えているのは都心だけではありません。むしろ、過疎化が進んでいる地方の方がその波は大きく影響しています。その内の大きな問題の1つとして介護があります。過疎化が進むというのは、言い換えれば若い世代が地方から出ていくということです。地方都市に留まれば週末に介護が必要な家族の様子を見に来るということもできてまだ良いのですが、上京するとなると地方都市に居る時のようなフットワークはありません。問題なのは地方に残っている者同士だけで支え合っているということです。年寄りが年寄りを支えるということを聞いたことがある人も多いでしょう。地方都市では若い世代が他県へ流れないよう様々な工夫をしていますが、中々結び付かないのが現状のようです。しかし、こうした状況だからこそのチャンスもあります。大小問わず新しく介護事業所を開業している人はかなり多く、特に過疎化が進んでいる地方ではニーズが高い常態にあります。起業と介護問題に貢献するという部分はもちろん、出身地でこれを展開すればモチベーションも高い常態で事業をスタートさせることができます。地方都市から全国へ展開している起業も沢山ありますので挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

 

介護を知る情報

↑PAGE TOP