地域活性化の方法について

介護が生み出す地方の活性化

  • トップ /
  • 介護が生み出す地方の活性化

LINEで送る

介護の若年層人材で活性化を図る

介護は地方にも分散することによって、そのエリアの活性化を図ることが可能です。各都道府県に見られる傾向として、病院が多く利便性の高い都市部に人口が集中することにより、介護を必要とする高齢者も都市部で増加しています。その結果、費用を抑えられる特別養護老人ホームのような施設は、入所待ちの高齢者が増えることも見込まれています。一方で、高齢者が流出した地方では、介護施設にも十分な余裕があることから、都市部で施設入居が待ちきれない高齢者の受け入れも始めています。高齢者施設の入居者数が増加すると、当然その施設で働く人材が必要となり、若年層を始めとした介護関連職業の方が地方に戻りやすい環境も整うでしょう。通勤時間を短くしたいと考える人が多いため、施設がある周辺に居住する人口が増えることも期待できます。このような一連の流れによって、高齢者関連施設は、地方の活性化を図れるメリットがあると、注目されるようになりました。2025年には団塊の世代全てが75歳以上の後期高齢者となり、今後も需要増加が予測される分野です。地域活性化の方法を模索しているのなら、介護施設に期待できる人口増も視野に入れて検討すると良いでしょう。

 

介護を知る情報

↑PAGE TOP