トップ / PMSの吐き気を改善するための薬

PMSでの吐き気改善

PMSの吐き気を改善するための薬

PMSの吐き気を改善するための薬

PMSの吐き気の症状は、日常生活に支障がでたり、仕事などにも影響がある場合もある上、何よりも辛いので、薬に頼ることもひとつの方法です。

PMSによる吐き気は、プロスタグランジンの分泌が多くなってしまうことで起こります。
プロスタグランジンは、子宮収縮を促す物質ですが、それが胃腸にも影響するため、吐き気が起こります。
プロスタグランジンが子宮収縮を促すときに生理痛が起こるため、生理痛に効く市販薬にはプロスタグランジンが作られすぎないようにする成分である、抗プロスタグランジン製剤が入っているものがあります。

PMSによる吐き気がある場合は、生理痛に効く市販薬を購入する際に、抗プロスタグランジン製剤の入っているものを選びましょう。
インドメタシンやイブプロフェンといったものが抗プロスタグランジン製剤の代表的なものになります。

また、それ以外にも様々なPMSの症状に効果のある薬があります。
まず、PMSの症状は人それぞれなので、その症状に対応した薬を選択するという方法があります。

むくみがひどい場合は、むくみを改善する薬、肌あれやニキビがひどい場合は、ビタミンCやビタミンB群が含まれているビタミン剤、精神的不安定の場合は精神安定剤、だるさや疲れがひどい場合は、アミノ酸製剤や滋養強壮剤、下痢や便秘には整腸剤といった形で、その症状を改善するための薬を選んで、症状をやわらげるといった方法が一般的でしょう。

最近では、PMS治療薬として、PMSの諸症状を緩和する薬が薬局でも購入できるようになったので、そちらを使ってみるという方法もあります。

ただ、この薬はPMSの諸症状に即効性があるものではなく、継続して飲み続けることで、PMSの症状全体を緩和していくものとなるので、辛い症状をすぐ楽にしたいという場合は、症状別に合う薬を飲む必要があります。