流行りなのよ。

https://xn--wlru27bnoubwp.net/

印鑑業界この道ひと筋30年の私(山本一男)が、銀行印を作る際におすすめする印鑑素材は、今流行りのチタン印鑑素材なのですよ。

このチタン印鑑素材は、最近の日本国内において人工骨やペースメーカーなどによく使われていまして、人間にとって厄介な金属アレルギーなどが極めて起こりにくい金属素材となっているのであります。

また、印鑑業界この道ひと筋30年の私(山本一男)に言わせると、このチタン印鑑素材の目立つ特徴は、何といってもその頑丈さにあるわけなんですよね。

当たり前ですが、チタン印鑑素材は金属であるため、たとえ長年にわたって使ったとしても、朱肉の成分による印鑑品質の変化が起きにくくなっているのが長所なのであります。

また、チタン印鑑素材は、耐熱性という面においても非常に優れた印鑑素材であると言えるのであります。

それに、チタン印鑑素材であれば、判子を紙に押した後になってから、印鑑の印面にベッタリとついてしまった朱肉を簡単にサッと水で洗い流すようなこともできたりするため、印鑑を使用した後のお手入れもけっこう簡単になってるんですよね。

チタン印鑑の利点はまだ他にもあって、印鑑本体を自宅などで保管する際もけっこう楽ができてしまうところなのであります。

つまり、チタン印鑑は、天然素材で作られたデリケートで壊れやすい印鑑あたりに比べたら、細かい注意を払わなければいけない点がだいぶ少ない印鑑となっているのであります。

なかなかありがたい話ですよね!

また、チタン印鑑は、ただ単に印鑑本体が丈夫なだけが取り柄なのではなくて、印面に対する朱肉のつきがすごくよくなっている印鑑といえるのであります。

だから、しっかりバッチリくっきりと紙に印影を残すことも十分にできるのであります。

もしかしたら私(山本一男)だけなのかもしれませんが、素晴らしいチタン印鑑素材には、心からありがとうと言いたいですね!

じゃあ、これで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です