実印に使われがちな素材

印鑑天王寺

彩華という印鑑素材は、北方の寒冷地(北海道がメイン)あたりでたくさん産出される真樺(まかば)と、特別な樹脂(名前はよく知らない)をセットで高圧加熱処理することで作られる印鑑素材なのであります。

また、彩華という印鑑素材は、耐久性に優れた水牛と同じ程度の耐久性をもっておるぐらい、非常に機能性に優れた実印の素材であると言えるのであります。

彩華という印鑑素材は、地球環境に熟考配慮したエコ印鑑素材でありますし、かつハンコとしての性能も平均的なハンコ連中よりずっと高いので、日本国内においては男女の性別を問わずの人気があるのであります。

黒水牛という印鑑素材は、
元々の形が水牛の角を黒色に染めたものでありまして、「リーズナブルな価格帯」と「粘りや丈夫さ」を両立できるところが特徴的な印鑑材料なのであります。

しかし、「リーズナブルな価格帯」と「粘りや丈夫さ」を両立できる一方で、黒水牛という印鑑素材は乾燥する気候に弱く、ちょっぴりひび割れもしやすいのが難点なのです。

ですから、黒水牛という印鑑素材の中でも、「芯持ち素材」などと印鑑業界でいわれている高級なものを使って実印を製作することがおすすめなのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です