介護を充実させる努力とは

地方の過疎地で介護を充実させる

  • トップ

LINEで送る

介護を充実させるための努力

一般的に言って、人口が圧倒的に多い都市部と、人口の少ない地方の過疎地を比較すると、介護の質に大きな違いが生じるのではないかと考えられているようです。もちろん、都市部には多くの施設が集中しているため、良い意味での競争意識が働くものです。それによって、サービスの質などが向上する傾向にあると言うことができるでしょう。では、これら都市部に比べて、人口も施設数も少ない地方の過疎地の場合はどうでしょうか。実は、これらの地域でも介護の質の向上のために非常に良い努力が払われているのです。その地域の特性や、そこに住む人々の必要を考慮に入れた形式や方法に従って質の良いサービスが提供できるようになっています。具体的な例について取り上げてみましょう。例えば、ある地方の過疎地の介護施設では、地域の特色を十分に生かしたサービスを提供するためにどんな努力を払っているでしょうか。地域の皆が参加するお祭りの時期には、施設に入居している方々も参加できるよう、車いすや車付ベッドを使って外出させるよう取り計らっています。入居者の方々がどれほど喜んでいるかは想像に難くありません。このようなサービスが提供できるのは、地方の過疎地にある介護施設ならではと言えるでしょう。

 

介護を知る情報

新着情報

↑PAGE TOP